会社概要 リンク ホーム ホーム 事業案内 Manavi 会社案内 アクセス Manavi
HOME > アート工房 > 会社案内 > 沿革

せまめ.png

1965年
MKアート・グループ設立に参加 教材の図版・デザイン制作を始める。(S)社,業界初の「理科資料集」制作のデザインを担当,50万部突破の販売部数を記録する。
1967年~
1981年
現代アート作家として活動,個展14回,グループ展23回の制作発表をする。1971年国際青年美術家展にて,日本文化フォーラム賞受賞。(有)アート工房設立の後,制作活動を休眠。
1970年
大坂日出男工房としてフリーランスとなる。(S)社「ポピー理科」の図版制作などを手掛ける。
1980年
有限会社アート工房を渋谷道玄坂に設立 渋谷区道玄坂1丁目15番地3号プリメラ道玄坂615(T)社の「生物資料集」を制作する。
1987年
株式会社アート工房に組織変更(T)社の「カラーブック理科資料」をデザインから制作50万部突破の販売部数を記録する。
1988年
業務拡大のため早稲田に移転する。新宿区馬場下町62番地芝田ビル7F
1990年
業界のデジタル化の動向で,Macintoshを導入し,Illustratorによるデジタル図版の制作を開始する。
1993年
業務拡大のため新宿区西早稲田2丁目9番地伊東ビル4Fに移転する。
1997年
業務拡大のため新宿区早稲田町67番地早稲田クローバービル2Fに移転。DTP業務を開始する。イメージセッターを導入し,フィルム出力納品を始める。(S)社の「地理資料集」,「公民資料集」,「歴史資料集」を制作,販売部数アップを記録する。
2000年
デジタル教材コンテンツ制作業務を開始する。全国高校入試問題データベースCD-ROM Manavi「入試問題工房」の企画制作販売を開始する。
2001年
高解像度スキャナー大日本スクリーン製ジェナスキャン500を導入してスキャニング業務を開始する。
2002年
業務拡大のため新宿区馬場下町62番地芝田ビル3Fに移転する。(N)社の検定教科書「中学生の社会科」の制作をする。
2003年
Manaviシリーズ「理科図版工房」6タイトルを企画制作販売する。
2007年
Web「教材イラスト図版工房」をスタートさせ,オンラインによる教材図版・イラストの単品販売を開始する。
2007年
編集課を立ち上げ,編集制作業務を始める。
2009年
弱視児童向け拡大教科書の制作に携わる。
2010年
H23年用新指導要領改訂小学校教材を製作する。(D)社の検定教科書「新化学基礎」の制作をする。
2011年
H24年用新指導要領改訂中学校教材を製作する。設立30周年記念感謝祭をホテルエドモントにて開催する。(D)社の検定教科書「新現代社会」の制作をする。(T)社の検定教科書「ビジネス基礎」の制作をする。「MUD」メディア・ユニバーサルデザイン・アドバイザー認定を取得する。
2012年
H25年用新指導要領改訂高校教材を製作する。
2012年
Manavi公立高校入試問題工房「英語リスニング音声付版」を企画制作販売する。
2013年
(J)社のデジタル教材制作のため,編集デジタル制作課のスタッフを増員し,デジタル教材制作の基礎作りをする。
2014年
H27年用新指導要領改訂小学教材を制作する。
2015年
H28年用新指導要領改訂中学教材を制作する。
AJEC 第10回日本編集制作大賞にて(12月)
☆教材部門賞受賞!!『スクエア最新図説地学』(第一学習社発行)
☆特別賞受賞!! デジタル教材『教材動画工房』理科・社会・国語漢字書き順アニメーション動画(企画制作販売:アート工房)
2016年
AJEC 第11回日本編集制作大賞にて(12月)
☆教材部門賞受賞!!『ビジュアル公民』(とうほう発行)
2017年
中期経営計画策定プロジェクトを6月~11月の5か月間,社員全員参加で実施。 「事業継者の明確化」や、「営業課の創設」、「新評価基準の策定」を、経営改善改革の「三本柱」とした。
〇組織・人事・労務,〇企画・開発,〇営業,〇情報システム・デジタル技術・国際化,〇制作プロセスなど,5チームで,経営課題及び具体的改善策などの策定に取り組み,2021年までの経営目標を策定した。
AJEC 第12回日本編集制作大賞にて(12月)
☆教材部門賞受賞!!『ダイアローグ世界史図表』(第一学習社発行)
2018年
営業課を立ち上げ,営業業務を始める。

共通背景下.png